絵本
ノルウェーの昔話

三びきのやぎのがらがらどん

この絵本の内容紹介あらすじ

昔、『がらがらどん』という同じ名前の三匹のヤギがいました。そのヤギ達は、太るために山の草を食べに行くことにしました。

ところが、山登りの道中に危険が待ち受けています。谷川の橋の下には、気味の悪い大きなトロルが住んでいたのです。それでも山を登るためにはその橋を渡らなければなりません。まず最初に、一番小さなヤギが橋を渡り始めました。

トロルは「だれだ、おれの はしを かたことさせるのは」と言って、一番小さなヤギを一飲みにしようとしました。すると、小さなヤギは「すこし まてば、二ばんめやぎの がらがらどんが やってきます。ぼくより ずっと おおきいですよ」と言いました。そうして、小さなヤギは橋を渡るのを見逃してもらうのでした。

しばらくして、今度は二番目のヤギが橋を渡り始めます。トロルは「だれだ、おれの はしを かたことさせるのは」と言って、二番目のヤギを一飲みにしようとしました。すると、二番目のヤギは「すこし まてば、おおきいやぎの がらがらどんが やってくる」と言いました。そうして、二番目のヤギも橋を渡るのを見逃してもらうのでした。

最後は、大きなヤギが橋を渡り始めました。そのヤギのあまりの重さに、橋はガタンゴトンときしんだりうなったり。トロルはカンカンに怒って、「いったいぜんたい なにものだ、おれのはしを がたぴしさせる やつは」と怒鳴りました。すると、大きなヤギは「おれだ! おおきいやぎのがらがらどんだ!」としゃがれたガラガラ声で怒鳴り返し・・・。さて、ヤギとトロルの対決の行方は!?


ヤギもトロルも活力溢れる線で描写され、迫力満点の闘いを繰り広げます。揺れる橋の上での闘いということもあって、その迫力は2倍にも3倍にも感じられます。

もっと大きなヤギを食べようとするトロルの姿から「欲をかいてはいけない」という教訓を得ることでしょう。

出版社からの内容紹介

橋の向こう側の山で、たくさん草を食べようと考えた3匹のヤギ。小さなヤギ、中ぐらいのヤギ、大きなヤギ、みんな名前は「がらがらどん」。橋をわたっている途中に谷に住むトロル(おに)にでくわしてしまいます。小さなヤギの機転によって、小さなヤギと中くらいのヤギはトロルから逃げて橋をわたることができました。とうとう、一番大きくて強いヤギがトロルに勝負を挑みます。3匹のヤギは無事に橋をわたることができるのでしょうか?

出版社「福音館書店」より