絵本
らくごえほん

千両みかん

出版社からの内容紹介あらすじ

寝こんでいる若旦那が心にかかって忘れられないもの、それは…、つやつやとして、やわらかで、キメこまやかで、ふっくらとしていて、かおりのいい……そう、みかん! それならおやすい御用と、笑顔でうけあった番頭さんでしたが…。

「ひ、ひと粒、千両!?(←約1億円)
い、いくら、なんでも高すぎる…!!」

人間国宝・柳家小三治監修、本格らくごえほん!
こどもも大人も楽しめる人気シリーズに、古典落語の絶品「千両みかん」がいよいよ登場です!

出版社「教育画劇」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。