絵本

おもいおいも

出版社からの内容紹介あらすじ

みんなで大きなおいもを運んでいると、どこかからだれかの泣き声が。すると「重い重いってひどいわ」とおいもが大泣きしています。みんなびっくりして今度はだいじに運んでいくと、満足そうにおいもはうっとり。落ち葉のドレスをまとって「てんかいっぴん、ぴかぴかの、ほかほかのやきいもにしてくださいましね!」といったおいもは、あまくてほくほくのやきいもに。
リズミカルな文章に、動物のだれかがおならをするなどユーモアもたっぷり!
おもいおいものおもいがわかる愉快でほくほくする絵本です。

出版社「教育画劇」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。