出版社からの内容紹介あらすじ

浅草寺の仁王門の前に、いきだおれを囲む人だかり。
「あっこれ、熊の野郎だ」
ともかく本人に知らせなきゃ!と八五郎は、熊五郎本人に伝えに走ります。

「大変だ、お前、死んでるよ!」
「俺が?」

同じ長屋に暮らす粗忽な二人の、なんとも可笑しい話の顛末!

人間国宝・柳家小三治監修、本格らくごえほん!
こどもも大人も楽しめる人気シリーズに、古典落語の傑作「粗忽長屋」がいよいよ登場です!

出版社「教育画劇」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。