絵本

レミとソラ

出版社からの内容紹介あらすじ

同じ年のある日、はなれた場所で生まれた二人の赤ちゃんは、かわいい二人の女の子に成長しました。

プップー!朝、車の音で目をさますレミ。
ピピピ…小鳥の声で目をさますソラ。
ねむるまで絵本を読んでもらう夜と、ぬいぐるみに絵本を読んできかせる夜。
家族にかこまれて毎日楽しい時間を過ごしている二人が、たった一つ、つまらないなって思っていることって?

――ふたりの女の子の、きらきらした時間がつまった絵本。

出版社「教育画劇」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。