絵本

11ぴきのねこ どろんこ

この絵本の内容紹介あらすじ

山小屋で暮らす11匹の猫達は、ある日、森の奥へと出掛けていきました。すると、泥沼の中に見たこともない生き物が……。なんと、恐竜の子どもが遊んでいたのです。

翌日、11匹の猫達は再び恐竜の子どもに遭遇しました。

「なんだか ないてるみたい」
「どうしたの、ジャブ…」
「わかった。がけから おっこちたんだ」

ジャブは崖から落ちて這い上がることが出来ずにいました。そこで、11匹の猫達は助けてあげることに——。さっそく太いロープを持ってくると、ジャブを一生懸命に引き上げました。

それから随分経ったある日のこと、ジャブが山小屋を訪ねてきました。しかも、すっかり大きな体に成長していました。

「ウホホ。ねこ、みんな、おいで。ねこ、みんな、せなかに のせる」

11匹の猫達はジャブの背中に乗って遊ぶことになりました。ところが、最初は楽しかったものの、ジャブが泥沼に入っていくと11匹の猫達も泥だらけになってしまうのでした。

11匹の猫達がジャブにイタズラ!?

ある日、11匹の猫達は魚の干物を作っていました。そんなとき、ジャブがリンゴを持ってやってきました。

「ほお、プレゼントかい」

11匹の猫達はジャブの持ってきたリンゴに大喜び。けれども、これはプレゼントではありません。その場にリンゴを置いて魚の干物を持っていってしまうのでした。

「りんごと とりかえっこの つもりかあ」
「そんな とりかえっこは ないよー」

しばらく経ったある日、11匹の猫達はジャブにイタズラすることにしました。魚の干物を持って行かれた仕返しを思いついたのです。

ジャブが寝ている隙に忍び寄り、尻尾にロープを結びました。ロープの反対側には石ころが積み上がっています。

「じゅんび かんりょう」

猫達は身を潜めて待ちました。そして、ジャブが尻尾を動かすと、一斉に石ころが落ちてくるのでした。

こうして作戦は大成功。けれども、ジャブは森の奥へと逃げて行き、それから姿を見せなくなってしまい……。

ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

ジャブは戻ってこないのかな?

アイコン画像

それは読んでからのお楽しみ! ほのぼのとしたラストが待ってるよ♪

出版社からの内容紹介

ねこたちが山の中を歩いていると、恐竜の子どもが沼で泥あびをしています。翌日、崖から落ちた恐竜の子をねこたちが助け出したことで仲良くなりますが、ある日恐竜は姿を消し…。ほのぼのとしたラストの最終巻。

出版社「こぐま社」より