絵本

コップをわったねずみくん

この絵本の内容紹介あらすじ

ねずみくんがコップを割ってしまいました。このままだとお母さんに怒られてしまう…そんなことを不安に思ったねずみくんは、誰かのせいにしてしまおうと思いつくのでした。

ぞうさんが長い鼻でコップを割ったことにしようかな…それともきりんさんが長い首で水を飲もうとして…それよりアシカくんが曲芸なんかをした時に…。やっぱりお友だちのねみちゃんが勝手に水を飲もうとして手を滑らせたことの方がいいかも…!

そんなことを考えていると、思いもよらぬことが起きてしまいます。最後には正直にお母さんに話すねずみくん。

一生懸命考えを巡らせるけれど、ねずみくんのように結局は素直になるのが一番なのです。日常生活の中で身近に起こりそうなことをテーマに、かわいらしいキャラクターでどこかほっこりさせてくれるお話となっています。

「うそ」というとギスギスしそうなイメージではありますが、なかえよしをさんの世界観によってお茶目な雰囲気で包んでくれています。可愛らしく、愛らしいねずみくんが、お子さんとどこか重なる部分があるのではないでしょうか。

出版社からの内容紹介

コップをわったねずみくんは大あわて。このままではおかあさんにしかられてしまいます。そうだ!だれかのせいにすればいいんだ。

出版社「ポプラ社」より