絵本

ふまんがあります

この絵本の内容紹介あらすじ

女の子は怒っています。なぜなら、大人はいろいろとズルいからです。ふと思い立って、お父さんに不満をぶつけることにしました。

『どうして おとなは よるおそくまで おきているのに、こどもだけ はやく ねなくちゃいけないの?』

お父さんに「たとえば?」と言われた女の子は、このように不満をぶつけました。すると、お父さんは秘密を打ち明けるかのような小さな声で答えました。

『じつは、つぎの クリスマスのために、サンタさんから たのまれた ちょうさいんが、「よる はやく ねるこか どうか」を、なんかいも しらべにくるんだよ』

パパはそう言ってトイレに行ってしまいますが、それでも女の子の不満は収まりません。

『どうして おふろに はいる じかんを、おとなが かってに きめちゃうの?』

また女の子が不満をぶつけると、お父さんは深刻そうな表情を浮かべました。そして、「はやく はいらないと ヤツらが きちゃうからなんだ。」と前置きして答えました。

『なぞの いきもの「おふろあらし」より、さきに おふろに はいらないと、おゆが なくなっちゃうからなんだ。」

ところが、それでも女の子の不満は募るばかり。大人の理不尽に対する「どうして?」の疑問はこれからが本番です。

こうして、不満をぶつけられるたびにお父さんはあれやこれやと理由を説明しますが、女の子の質問は止まる所を知りません。果たして、女の子の大人への不満は解消されるのでしょうか。

最後は、「こどもだって ズルいこと あるよね。」とお父さんに反撃されますが・・・。『蛙の子は蛙』ということわざがぴったりの結末に、クスッと笑いが込み上げます。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

りんごかもしれない』『りゆうがあります』で大人気のヨシタケシンスケがおくる、親子で笑えるユーモア絵本!

わたしはいまおこっている。なぜなら、大人はいろいろとズルいからだ。ちゃんともんくをいって、ズルいのをやめてもらおう。

どうして大人は夜おそくまでおきているのに、こどもだけはやくねなくちゃいけないの?実は、つぎのクリスマスのためにサンタさんからたのまれた調査員が「夜はやくねる子かどうか」をなんかいもしらべにくるんだよ。

どうしておふろにはいる時間を大人がかってにきめちゃうの?なぞのいきもの「おふろあらし」よりさきにおふろにはいらないと、お湯がなくなっちゃうからなんだ。

どうしておとうとが悪いのに、わたしばっかりおこられるの?「おとうとのかわりにおこられてあげるやさしいおねえちゃん」って王子さまとかに、すっごい人気があるからだよ。

こどもにだって、ズルい大人にいろいろふまんがあるんです!

出版社「PHP研究所」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。