この絵本の内容紹介あらすじ

“よしあし”のものさしは、どこからきたもの? 誰がきめたもの?

フランスで数々の賞を受賞し、世界19か国で翻訳された話題の哲学シリーズ。自分らしさを考える。“わたし哲学”はじまる。

【担当編集者からオススメの一言】

「それで結論はどうなるの?」
――そうつぶやいたあなたは、ちょっと急ぎすぎ。

身のまわりにある問題に「はたっ」と気づき、答えを出そうとあれこれ楽しく考える「プロセス」こそ哲学です。
もちろん、美しい答えが出ればいいのですが、出なくても、それはそれでいい。大切なのは、この本から刺激を受けてあなた自身が考えてみることなのです。
村山保史(大谷大学哲学科准教授)

世界19か国で翻訳され、シリーズ累計30万部を超える大人気哲学シリーズが、ついに日本に登場。
本国フランスでは、『Le livre des grands contraire philosophiques』(邦題『哲学してみる』)がシリーズ第一弾として刊行され、児童書の分野で2008年青年文学賞、同年のフランステレビジョン青年の部賞、2009年の本の科学賞を受賞。本書はその続刊です。
著者のオスカー・ブルニフィエと、イラストレーターのジャック・デプレが織り成すやさしい哲学の世界に注目が集まっています。

出版社「世界文化社」より