絵本

おかあさんといっしょ! おとうさんといっしょ!

この絵本の内容紹介あらすじ

赤ちゃん向きの絵本です。ストーリーはありません。1ページごとに異なる動物が登場します。うさぎやぞうさん、パンダなど赤ちゃんが大好きな動物ばかり。動物たちがページいっぱいに描かれているので赤ちゃんの興味を誘うことが出来るでしょう。

この絵本を子どもに読み聞かせるときは、ただ書かれている文を読むだけでは飽きてしまうかもしれません。ページをめくるたび、出てくる新しい動物を指差しながら、その動物にまつわる話をしてあげたり、「おかあさんといっしょでうれしそうだね」と語りかけてあげればこの絵本の良さを最大限に生かせることでしょう。

カンガルーの赤ちゃんはおかあさんのポケットの中で過ごすことや、コアラは赤ちゃんをおんぶして行動することなど、動物の生態もこの絵本を通して知ることが出来ます。

この絵本のいいところはおかあさんだけでなく、きちんとおとうさんといっしょの動物も紹介しているところです。

多くの絵本がおかあさんと子どもといった母子関係のみにスポットをあてていますが、父子関係を描く絵本は母子関係と比べると圧倒的に少ないかと思います。

出版社からの内容紹介

赤ちゃんが大好きな生き物の親子が登場して「お母さんと一緒」「お父さんと一緒」と展開していく赤ちゃん絵本。実際にオスが子育てするペンギンや魚も出てきて、親子の絵本タイムを楽しく温かくする絵本です。

出版社「金の星社」より