絵本

ハロウィーンってなぁに?

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

この絵本の内容紹介あらすじ

突然子どもに「ハロウィーンって何をするの?」と聞かれて、子どもに分かるように正しく説明するのって意外と難しいですよね。そんなときに大活躍のこの絵本。

ちびっこ魔女ビビの初めてのハロウィーン。おばあさんにどんなことをするのか教えてもらいながら物語は進んでいきます。

おばあさんはビビに分かりやすく「ハロウィーンの由来」や「ハロウィーンはどんなことをして楽しむのか」を優しくお話します。

絵本の中にはかぼちゃのランタン作りを紹介しているページもあるので、お子さんと一緒に楽しみながら作って玄関に飾ってみたりするのも楽しそうです。
それから、かぼちゃタルトのレシピもあるので一緒に作ってハロウィーンならではの食卓を楽しむこともできますね。

おばけや吸血鬼、ガイコツや魔女などに変身出来るかわいらしくて恐ろしい仮装の仕方も載っているので、「どれになりたい?」なんて聞いてみて、簡単に衣装を作ってあげることも出来ます。

絵本に沿って読み進めていくだけで、大人でも知らない本当のハロウィーンの過ごし方を知ることができます。イラストもかわいらしく、色彩もとてもきれいなので子どもも大人も見ていて楽しい1冊です。

出版社からの内容紹介

日本ではじめてのハロウィーン絵本。ちびっこ魔女のビビといっしょに、ハロウィーンのすべてを楽しみましょう。「ハロウィーンってなぁに?」という知りたがりやの子どもたちと、ハロウィーンを楽しみたい大人のための、かわいくて、楽しくて、わかりやすい1冊です。物語を読みすすむうちに、ハロウィーンの由来がわかり、かぼちゃのランタンやかぼちゃのタルト、かぼちゃのリバンベルの作り方までわかります。さらに、おばけや吸血鬼、ガイコツやいじわる魔法使いなどに変身しちゃう、こわ~い仮装のしかたもバッチリ。準備ができたらでかけましょう。「おかし くれなきゃ いたずら するぞ!」ハロウィーンの始まりです!

出版社「主婦の友社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。