絵本

ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

この絵本の内容紹介あらすじ

幼いにじうおは、暗がりを恐れて、なかなか眠れずにいました。パッチリと目を開けたまま、海藻布団のウォーターベッドで何度も寝返りを打ちます。

「しばらく ぼくと いっしょに いて くれる、ママ?」

そう言ってママに甘えると、にじうおは少し安心しました。ところが、それでも眠ることが出来ません。不安なことが他にもあるのです。

「もし しおの ながれが ぼくを さらって いったら?」
「もし ぼくが たこの はく すみの なかで まいごに なったら?」
「もし おばけうおが きて、ぼくを たべようと したら?」

にじうおが不安に思っていることを話すと、そのたびにママは安心させてくれますが・・・。

にじうおは、眠る前についつい恐ろしいことを想像してしまいます。果たして、この不安に終わりはあるのでしょうか。


この絵本は、にじうおの銀の鱗が実際にきらきら光る珍しい作品。『にじいろのさかな』が小さかった頃を描きます。

きっと、この親子の会話に温かな愛情を感じることでしょう。そして、親の存在が子どもにとってどれほど頼もしいかが伝わるはずです。

出版社からの内容紹介

夜になっても眠れないにじうおは、怖いことばかり考えてしまいます。
もし、おばけうおが来たら? もし、たこの墨の中で迷子になったら?
でも、そのたびに、ママが安心させてくれ、ひれでぎゅうっと抱きしめてくれるのです。
親子の愛情を感じさせる、あたたかな「おやすみなさい」の本。
寝かしつけに最高の1冊です。

出版社「講談社」より