絵本

いいこってどんなこ?

あなたがいてくれるだけで私は幸せ。ありのままの姿が素敵なことが伝わる絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「いいこってどんなこ?」
この言葉でお話は始まります。子どもに言われると少しドキッとする言葉。いい子の概念は人それぞれ、親の数以上にあることでしょう。

それと同じく、どうしたらいい子って思ってくれるのか…どんな子がいいこなんだろう…と子どもの思いも様々。もしかしたら、知らず知らずの間に、親の期待や希望がいつの間にか子どもに降りかかっていることがあるかもしれません。

親の言葉が子どもの心を押し潰してしまっていることも。この絵本の子どもの素直な疑問が、改めて子どもに対する日々の思いや関わり方を思い返させてくれます。

まだ大人と比べると言葉が未熟な子どもだからこそ、親の愛情表現を含めながら伝えなければいけないことがあるのではないでしょうか。

私達大人は、日々の生活の中で言葉にして伝えるという機会を逃してしまいがちです。我が子を愛する理由に、強いとか、泣き虫や怒りんぼじゃないからとか、そんな理由はありません。ただただいてくれることが嬉しいのです。
ありのまま、子どものすべてをまるごと受け入れること。
『どんなあなたでも、あなたがいてくれるだけで私は幸せ』
その言葉を真っ直ぐに伝えることの大切さをこの絵本は教えてくれます。

出版社からの内容紹介

子ウサギのバニーは、いろいろなことが心配になって、次々にお母さんに質問します。でも、お母さんはいつも子どもをまるごと受け入れて、「いまのまんまのバニーが大好き」といってくれます。お母さんたちに大人気の絵本。

出版社「冨山房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。