絵本

ひとつぼし

誰だって得意なものや好きなこと、素敵な個性が輝くときがやってくる!まだ気づいていない素敵な「ひとつ星」を探してみよう!

この絵本の内容紹介あらすじ

絵を書くことだったり、運動だったり、歌うことだったり、踊ることだったり、どんな子にも一つは必ずひとつぼしがあるのです。この絵本では子どもが持つ性格や個性のことを、きらきら輝く『ひとつぼし』と表現しています。それは一般的にはもしかしたら特技と呼ばれますが、誰しも特技ばかりがきらきら光っているわけではありません。

思いやりの心だって、その子にしかない立派で素敵なひとつぼしです。

うちの子、他の子に比べるとおしゃべりがそんなに上手じゃないな…字もまだ読めないし書けないし…走るといつも最後だな…思ったことを口に出して言えないな…もしかしたらいつの間にか周りと我が子を比べてしまっているパパやママは少なくないかもしれません。

悪いところばかりに目がいきがちで、素敵できらきらした部分に目が向いていないこともしばしばあるのではないでしょうか。

今すぐじゃなくてもいつの日か、その子が持っているとっておきの個性を活かせるときまで、好きなことが見つかるまで温かく見守れる大人でありたいと改めて気づかされる絵本です。

シンプルな絵と短文で力強いメッセージを伝えてくれる一冊です。お子さんの未来に想いを馳せながら親子で一緒に楽しんでみてください。お子さんなりの一生懸命、それぞれのペースを尊重することの大切さにきっと気づけるはずです。

出版社からの内容紹介

子どもにとって得意なものや、好きなもの、性格など個性はさまざま。どの子もキラリと光るひとつ星を誰でも持っています。まだ自分が持っているひとつ星に気が付いていない子もいるかもしれないけど、いつかきっとその星が光る時がくるはず。

出版社「学研」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。