絵本

火の鳥

出版社からの内容紹介あらすじ

火の鳥がとぶ年はかならず飢饉の年。十二歳のあさは、火の鳥を退治しに、死んだ母の形見のかんざしをもって一人で山に……。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。