絵本

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

歯磨き嫌いを克服できる?歯ブラシ列車と楽しい歯磨き!

この絵本の内容紹介あらすじ

歯磨きが苦手な男の子、たっくんのところに歯磨き列車がやってきました。
歯ブラシは嫌がるけれど、歯磨き列車なら口を大きくあける男の子の姿は、子どもらしくてとても可愛いです。絵のタッチが柔らかくて可愛いので、大人も子どもも見やすい絵本です。

歯磨き列車は、歯についた食べ物を取ってくれます。最初はいろんな食べ物がたくさんついていて汚れていた歯が、最後にはピッカピカになっていく様子が子どもにも分かりやすく、歯磨きの役割がしっかり伝わるように表現されています。

絵本を見た後に「○○くんのところにも歯磨き列車がきたよー!!」と歯磨きしてみたら、いつもは嫌がる子どもでも大きなお口を開けてくれるかもしれません。

また、口は開けてくれるけれど、すぐに閉じてしまったり動いてなかなか歯磨きをしてくれないというお子さんにも、「いま、○○(晩ご飯に食べたもの)を取っていまーす」「動くと取れないから、じっとしててねー!」などと説明してみるいいでしょう。絵本の中で見たことのある光景が口の中で広がり、楽しんで歯磨きできるようになるかな、と思います。

特に、電車や車などの乗り物が大好きな男の子にはオススメの一冊です。

出版社からの内容紹介

歯磨きがきらいなたっくん。でも、はみがきれっしゃがやってくれば、どんな子の口もあーんと開きます。前の歯についた人参、奥の歯にはさまったお肉、つぎつぎきれいにしていきます。歯への興味も深めます。

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。