絵本

どうしてそんなにないてるの?

出版社からの内容紹介あらすじ

52歳で一児を授かった著者が、いつまでもぐずり続けるわが子をあやしながら、その目に映る世界を想像して作った、愛情あふれる優しい絵本です。

生きていく世界の扉を明けた赤ちゃんの戸惑い、願い、夢を赤ちゃんに寄り添って描き、「なんでそんなに泣いているの?」と優しく問いかけます。

赤ちゃんのぐずり泣きに疲れたお母さんをはじめ、新たに赤ちゃんを迎えたママとパパにぜひ読んでいただきたい、思わず抱きしめたくなる一冊です。

もちろん、素晴らしいメッセージを託した贈り物にもなります。

出版社「えほんの杜」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。