絵本

どうぶつのおやこ

この絵本の内容紹介あらすじ

動物画の第一人者である薮内 正幸氏によって、写実的に動物の親子が描かれます。

犬、猿、熊、カバ、キリン・・・と、ページをめくるたびに様々な動物の親子が登場します。

この絵本には、文字がありません。それでも、動物親子の毛ざわりや息遣いまでも感じられるよう。

今にも動き出しそうな動物達を眺めながら、場面や感情を想像することに、この絵本の醍醐味はあるのでしょう。

出版社からの内容紹介

いぬ、さる、くま、ぞうにライオン……。町や動物園で見かける身近な動物たちが次々に登場します。どの動物の子どもたちも、お母さんやお父さんがいっしょです。だっこされたり、じゃれていたり、子どもたちはとても安心した表情をしています。それぞれの毛の手ざわりや、息づかいまでが感じられるほど丁寧に描かれた動物たち。まるで親子がかわしていることばまでもが聞こえてきそうです。小さな子どもたちにぴったりの文字のない動物の絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。