絵本

どっさりのぼく

出版社からの内容紹介あらすじ

よりすぐりの詩と人気絵本画家たちの、心と心が響き合う、詩のえほんシリーズ第3弾!今回は「いきることば」として、自分自身についてや生きることの意味を問う詩に、画家太田大八が一頁一頁、ちがうタッチで丁ねいに詩の心を感じながら描きおろしました。巻末には小池昌代さんによる「こんなふうに読んでごらん」といった解説がついているので、固苦しく考えることなく、詩の世界に入り、味わうことができる楽しい絵本です。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。