絵本

でんぐりでんぐり

この絵本の内容紹介あらすじ

けんちゃんがでんぐり返しをすると、目の前には猫が立っていました。

けんちゃんとねこちゃんは、一緒に「でんぐり でんぐり。ころん ころん。」とでんぐり返し。

すると今度はうさぎちゃんが目の前に。うさぎちゃんも一緒になって、「でんぐり でんぐり。ころん ころん ころん。」とでんぐり返し。

さらに今度はぞうさんが目の前に立っていました。ぞうさんも一緒になって、みんなで仲良くでんぐり返しをすると・・・。


でんぐり返しをするたびに新しい仲間と出会う繰り返しの絵本です。「でんぐり でんぐり。ころん。」の響きが心地良く、何度も読み返したくなります。最後はたくさんの動物達と一緒になって、けんちゃんはでんぐり返しを披露します。

この絵本を読んだ後は、きっと真似してでんぐり返しをしたくなるはず。

出版社からの内容紹介

けんちゃんがでんぐりがえりをすると、ねこやうさぎやぞうが出てきて、いっしょにでんぐりがえりをします!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。