絵本

でんぐりでんぐり

みんな一緒にでんぐり返り!読んでいるうちに一緒にでんぐり返りしたくなる絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

けんちゃんと動物が一緒にでんぐりがえり。みんなも一緒にやってみよう!

でんぐりがえりが出来るようになったころの子ども、また、でんぐり返りに興味を持ち始めた子どもに読んであげたい絵本です。

主人公のけんちゃんが続々と出てくる動物たちと一緒にでんぐりがえりをするというシンプルな内容ですが、読むだけでなんだか楽しくなってきちゃいます。

「けんちゃんがでんぐりでんぐり」ねこやうさぎやぞうさん、といったように動物が増えていき最後はたくさんの動物と一緒にでんぐり。
けんちゃんや動物たちが楽しそうにでんぐりをしているのを見ると真似して絵本と一緒にでんぐりしてみたり、まだ出来ない子でもゴロゴロ転がって真似しようとするそんな絵本です。

大人になった私たちはでんぐり返りをしようとしてもできなくなっていたりして、でんぐり返しを子どもに教えてあげられなくても、この絵本が代わりになって教えてくれるなーんてこともあるようです。
実際、最初はでんぐりができない子がこの絵本を読んでまねっこをしているうちに自然とでんぐりが出来るようになっていたなんてこともあったみたいですよ。

主人公の名前を自分の子どもの名前におきかえて読み聞かせをしていると、子どもは自分がその絵本に入ったみたいな気持ちになり、大喜びをして一緒にでんぐりをしてくれます。
夜寝る前に読んであげて、一緒にお布団ででんぐりをしたりゴロゴロしたりするのもいいですよ!

出版社からの内容紹介

けんちゃんがでんぐりがえりをすると、ねこやうさぎやぞうが出てきて、いっしょにでんぐりがえりをします!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。