絵本
STAR WARS

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)

遠い昔、はるか銀河の彼方で……

エピソード3.5:ダース・ヴェイダーとルーク(4才)

シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは、反乱同盟軍の英雄たちと戦うべく、銀河帝国軍を率いる。だが、そのまえに、まずは4才の息子、ルーク・スカイウォーカーと遊んであげる必要がある……

出典:ダース・ヴェイダーとルーク(4才)/辰巳出版

4才のルーク・スカイウォーカーは、お父さんのダース・ヴェイダーと仲良く暮らしていました。そして、自由奔放なルークは、いつもダース・ヴェイダーの手を煩わせてばかり。ダース・ヴェイダーの作った卵料理を残したり、トシ・ステーションに行きたいと駄々をこねたり、部屋を散らかしたり、そんな毎日が続きます。

それでも、ダース・ヴェイダーは我が子に愛情を注ぎます。ボール遊びをしたり、動物園に連れて行ったり、絵本の読み聞かせをしたり、大切な親子の時間を目一杯過ごすのでした。


この絵本には、スターウォーズの人気キャラクターであるハン・ソロやランド・カルリジアンを始め、お馴染みのキャラクターが登場します。そして、映画スターウォーズとは一味違う、クスッと笑える世界観が描かれます。ダース・ヴェイダーとルークの親子の絆に心温まることでしょう。

出版社からの内容紹介

すべてのスターウォーズファンに贈る笑って泣けるユーモアブック。
ダース・ヴェイダー(父)&ルーク・スカイウォーカー(息子4歳)、銀河の彼方で繰り広げる父と息子の日常ストーリー。
ルーカスフィルム公認―暗黒卿の子育て絵本。

出版社「辰巳出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。