絵本

だいすき ぎゅっ ぎゅっ

何度も何度もぎゅっ!ウサギの親子の一日を時間刻みで描いたお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

8時になると「おはよう!」と元気にウサギの親子が目を覚まします。それから、親子一緒に顔を洗って、髪をとかして、服を着替えて、朝ごはんを食べて・・・・と仲良く朝支度を済ませていきます。

そして、ウサギの親子にとって大切な時間とは、親子でぎゅっと抱きしめ合う時間です。9時にも10時にもぎゅっぎゅっと抱きしめ合うのです。

11時12時のお昼時になると外では雨がぽつぽつ降り始めます。そのころ、ウサギの親子は仲良くキッチンに立つとパイを作ります。

そして、お昼を済ませると、次は靴下で指人形を作ったり、積み木で遊んだり、転がって本を読んだり、ウサギの親子はとっても仲良しです。もちろん、親子でぎゅっと抱きしめ合うことも忘れません。

1時になると外では雨も止んでお日様が顔を覗かせます。2時3時とのんびり過ごし、ウサギの親子は外に出かけます。ボール遊びをしたり、自転車に乗ったり、木登りをしたり・・・・、そして最後はやっぱりぎゅっと親子で抱きしめ合うのでした。

4時5時6時と時間が経つと、あたりはすっかり夕暮れ時です。そろそろウサギの親子はお家に帰ることにします。

ウサギの親子の一日を時間刻みで描いたお話です。「時間」とふれあう最初のステップにおすすめの絵本です。ウサギの親子がぎゅっと抱きしめ合う姿に心が温まることでしょう。

出版社からの内容紹介

朝ごはん食べたあと、ぎゅっ!ご本を読んだあと、ぎゅっ!おさんぽしたあと、ぎゅっ!ママがぼうやを何度もぎゅっと抱きしめます。愛情がたっぷり子どもにふりそそぐ絵本。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。