絵本

ぼうしをかぶったオニの子

出版社からの内容紹介あらすじ

オニの子は、つのをぼうしで隠した男の子。ワニのおじいさんに「宝物の地図」をもらったオニの子は美しい夕焼けを見て「これが宝物だ」と思います。百歳のけむしに出会ったオニの子は、トビに食べられないように自分のまゆげの上にけむしを乗せてあげます。落とし物のタオルを拾ったオニの子が洗ってあげると、タオルの中から大きな海が広がります…。心優しいオニの子を繊細に描いた傑作創作童話を、当時のままに復刊しました!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。