絵本

ぼくのおおじいじ

出版社からの内容紹介あらすじ

おおじいじが死んでしまった。死んだ後もそばにいるって約束したよね。おおじいじ、どこにいるの?喪失感とどう向き合うか。絵本という形で子どもに上手に伝えている秀作。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。