絵本

あててえな せんせい

出版社からの内容紹介あらすじ

よしみは小学校一年生。本を読むことが好きなのに、国語の授業では緊張して上手に読めませんでした。友達の呼びかけにもこたえずに、泣きながら走って家に帰ると、大好きなお母さんが迎えてくれました。よしみはお母さんの前で本を読んで…… 「だいじょうぶ」っていう言葉をもらって自信を持つことが出来たよしみの、成長がえがかれた絵本です。つまずいたときにあたたかく応援してくれる家族や、友達の優しさが伝わります。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。