絵本

アリのくらしに大接近

出版社からの内容紹介あらすじ

女王アリを中心に、働きアリがささえて生きている、そんなイメージのアリの世界は、実はもっと複雑でたくみだ。植物の種を土の中で発芽しないように保存したり、アブラムシを育てる牧場を作ったり、弱いアリをつかまえて奴隷にしたり…。人間を見ているような気にさせるアリのくらしを写真で追う。植物の葉を接着して巣を作るツムギアリなど、世界のアリも取り上げる。観察のポイントや飼育方法も紹介し、自由研究にも役立つ。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。