絵本

あんよ あんよ

出版社からの内容紹介あらすじ

作家の中川ひろたかさんの初孫・おうくんが主人公の赤ちゃん絵本です。1歳になるころの赤ちゃんを包む「できるよろこび・みまもるうれしみ」を、テンポのよいことばで表現しました。同じくお孫さんの成長を大切に思う気持ちを共有してくださった画家のささめやゆきさんが、大らかでやさしい絵を描きました。「あんよ あんよ」と繰り返しながら、いろいろな動物の足と全身が出てきます。最後は「おかあさん だっこ」と胸のなかへ!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。