絵本

あのやまこえて どこいくの

この絵本の内容紹介あらすじ

「ありさん ありさん どこ いくの?」
「あのやま こえて こめつぶ かいに」

「こめつぶ かって どうするの?」
「ぐうぐう ねんねの まくらに するの」


この絵本は、山を越えていく虫や動物達にどこに行くのかを尋ねるシンプルなお話です。「どこ いくの?」「どうするの?」と尋ねる繰り返しのお話を七・五調のリズムにのせて展開します。

虫や動物達は、山を越えて買い物に行くと言うのですが、その買ったものの使い道がどれも意外なものばかりなのです。

例えば、ありさんは米粒を買って枕にすると言えば、はちさんはおはじきを買って花粉団子のお皿にすると言います。

でんでん虫さんはボタンを買って帽子にすると言えば、かえるさんはハモニカを買っておたまじゃくしの家にすると言います。

はとさんはマスクを買ってエプロンにすると言えば、たこさんはザルを買って揺りカゴにすると言うのです。

他にも、りすさんは山を越えて筆を買いに行き、かめさんは山を越えて歯ブラシを買いに行き、へびさんは山を越えて手袋を買いに行くのですが・・・、果たしてその意外な使い道とは。

リズミカルでユーモアたっぷりの世界観に気づけば興味津々になっていることでしょう。繰り返しのお話ではありますが、飽きさせるどころかお話の世界にどっぷり浸かってしまうようなユニークな絵本です。

出版社からの内容紹介

ありさんありさんどこいくの、あのやまこえてこめつぶかいに……。七・五調のリズミカルな言葉が読者の想像力の世界を拡げます。

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。