絵本

あなたのママはね

おばあちゃんが話すのは、ママが子どもだった頃のこと。祖母・母・子の三世代に渡る家族の愛情が描かれます。

この絵本の内容紹介あらすじ

「あなたの ママはね、—— だったの。」と、おばあちゃんがアルバムを見ながら、孫娘に優しく語りかけます。

ママは生まれたとき、ぽちっとした目をして、ふわふわの髪でした。

ママは赤ちゃんの頃、抱っこしてもらうのが大好きでした。お腹や足をこちょこちょすると「ぐぐぐ」と笑いました。『いない、いない、ばあ』も好きでした。

ママの小さい頃の友達は、ぶぶちゃんという名前のぬいぐるみ。外で遊ぶときも、寝るときも、いつも一緒でした。

ママは可愛い子どもでしたが、ときどき悪い子になることもありました。言うことを聞かずに喚いたり、「やだ、やだ、やだ!」と言って叫んだり。そんなときは、「少しそこで大人しくしていなさい」とおばあちゃんが怒りました。

おばあちゃんは、ママの子どもの頃の話をするたびに「あなたに そっくりね。」と孫娘に語りかけます。


お父さんやお母さんも、昔は誰でも子どもでした。ところが子どもにとっては、この当たり前の事実が不思議に感じられます。自分が生まれたときには、お父さんもお母さんも大人だったので、想像が追いつかないのです。

お父さんやお母さんの子どもの頃の話は、おじいちゃんやおばあちゃんが一番得意なことでしょう。そして、その話を聞いた子ども達は、お父さんやお母さんの存在がちょっと違って見えてくるはずです。一番身近な人の知らない話に、目を輝かせながら聞き入るのではないでしょうか。

また、大人が自分の子どもの頃のことを思い出すと、自由奔放な子ども達を見る目が変わるはずです。自分も昔は同じだったと思えば、気持ちが楽になることでしょう。

この絵本は、子どもが大きくなっても、年齢を重ねても、親子の愛が普遍的であることを描きます。子どもが大人になっても、親にとってはいつまでも可愛い子どもなのです。そして、その愛は孫へと続いていきます。

出版社からの内容紹介

おばあちゃんが孫娘にアルバムを見ながら語ります。「あなたのママはね…どんなにおおきくなっても、いつもまでもだいすきよ」。祖母・母・あなたの3人の愛情あふれる絵本。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。