絵本

あめがだーいすき

雨の日って楽しいかも!?雨の楽しみ方を個性豊かに、優しいタッチで描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

表紙の女の子は水玉のかさをさしてニッコリ。

タイトルのように「あめがだーいすき」と答えるお子さんはどれくらいいるのでしょうね。外に出られない、遊べない、濡れる、汚れる、面倒くさい…少なくとも大人にとっては、雨はあまり好ましく思われていないように感じます。でも子どもにもそのマイナスイメージだけを植え付けてしまってはなんだかですよね!そんな時こそ絵本の力を借りましょう。

この絵本は、ページごとに子ども達が1人ずつ出てきて、「なぜ雨が好きなのか」の理由が描かれているというシンプルな構成になっています。特にストーリーがあるわけではありませんが、ひとりひとりの気持ちや想いを知ることで、いろいろな価値観を知ることのできる絵本になっています。

全体的に文字数が少ないので、「なきむしのおんなのこもあめがだーいすき」と読んだ後に「どうしてだと思う?」と子どもに理由を考えさせるのもいいかもしれません。

ほんわかした優しいタッチのイラストなので、ほっと癒されるような雰囲気になっていますよ。

お天気が悪いと、ついつい空に向かってグチってしまうこともありますが、発想の転換は本当に大切。マイナスをプラスに変えていく考え方は、これから厳しい時代を生きていく子どもたちにはなくてはならないスキルになるのかもしれません。

出版社からの内容紹介

おてんばな子、さびしがりや、泣き虫、おしゃれな子、やさしい子、あまえんぼう……。
それぞれの雨の楽しみ方を個性豊かに、やさしいタッチで描いた新感覚の絵本です。

出版社「佼成出版社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。