絵本

あかちゃんがやってきた

男の子が、自分がお兄ちゃんだと実感するのはどんなとき?
男の子の豊かな発想が愛しくてたまらない。お兄ちゃんになる子のための絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「あかちゃんがうまれるの」お母さんのその一言で、『ぼく』の日常の景色が一気に変わりました。まだ産まれていないのに、自分のことをお兄ちゃんという『ぼく』。そのくらい赤ちゃんの誕生が待ち遠しくて仕方ないのです。

お母さんの真似をして服の下にフライパンを入れてみたり、赤ちゃんの時に使っていたベビーバスに入って船長さんになってみたり。弟が産まれたらこんな遊びをするんだと、お兄ちゃんのたくましさを感じるほど。

ですが、弟がいいという『ぼく』に、赤ちゃんはかわいいからどっちでもいいわというママの一言に少し不安を感じてしまいます。お母さんは赤ちゃんのものをたくさん買ったけれど、ぼくのものはたったの1こだけ・・・。

男の子ならではの可愛らしい発想にクスッとさせられます。その反面、日常に赤ちゃんの存在が大きくなっていくことで、わくわくと同時にお兄ちゃんになることへの寂しさも垣間見られます。

お兄ちゃんになることは分かっているけれどまだ実感がない『ぼく』の姿、赤ちゃんが誕生した後の心の変化が描かれています。

最後の心からの一言がとてもほっこりと温かい気持ちにさせてくれるのです。赤ちゃんを迎える男の子、そしてそのパパとママにおすすめの絵本です。

出版社からの内容紹介

「赤ちゃんが生まれるの」。ある日、お母さんがぼくにささやきました。「えーっ、ほんと?」。その瞬間から、ぼくは生まれてくる「弟」について、思いめぐらせはじめます。「弟」が生まれたら、赤ちゃんのベッドを動物園のおりにして、兄弟のくまになって一緒に遊ぶんだ! でも、ママはぼくより赤ちゃんのほうがかわいいのかな……赤ちゃんが生まれるまでの男の子の期待と不安を、温かく軽やかに描きます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。