長田 弘おさだ ひろしの絵本一覧(2件)

おすすめ絵本の情報発信中!

昭和14年11月10日生まれ。早大在学中同人誌「鳥」を創刊,「地球」「現代詩」などにくわわる。昭和40年やわらかくなじみやすい表現によって,けんめいに明日への希望をつむぐ詩集「われら新鮮な旅人」,詩論集「抒情の変革」を発表。57年「私の二十世紀書店」で毎日出版文化賞,詩集「心の中にもっている問題」で平成2年富田砕花賞,3年路傍の石文学賞。21年「幸いなるかな本を読む人」で詩歌文学館賞。22年詩集「世界はうつくしいと」で三好達治賞。26年「奇跡―ミラクル―」で毎日芸術賞。ほかに「死者の贈り物」「深呼吸の必要」,評論「探究としての詩」,エッセイ「本を愛しなさい」など。平成27年5月3日死去。75歳。福島県出身。

著者プロフィールの出典元
森の絵本

森の絵本

長田 弘講談社

どこかで呼ぶ声が聞こえてきますが、まわりを見渡しても誰もいません。今度はずっと近くから呼ぶ声が聞こえてきますが、それでもやっぱり誰もいな...

6歳 7歳以上 おとな

続きを読む

百年の家

百年の家

J.パトリック・ルイス講談社

1900年、廃墟だった家が子ども達によって発見されます。ペスト大流行の1656年に建築されたその家は、栗やキノコを探しにきた子ども達によって建築...

おとな

続きを読む