松谷 みよ子マツタニ ミヨコの絵本一覧(10件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1926年 東京都に生まれる。本名・美代子。
17歳のときに、はじめて童話『とかげのぼうや』を執筆。
1946年 坪田譲治と出会い、その後師事する。
1951年 『貝になった子供』(あかね書房)を出版。
1955年 瀬川拓男と結婚。夫と共に民話採訪を行ううちに、「民話」にひそむ民衆の思いに関心を寄せるようになる。
信州に伝わる小泉小太郎伝説などをもとにして書いた『龍の子太郎』(1960年・講談社)が国際アンデルセン賞優良賞(1962年)を受賞。
1964年 『ちいさいモモちゃん』(講談社)を出版。
1974年 シリーズ3作目の『モモちゃんとアカネちゃん』(講談社)では、児童文学ではタブーとされてきた両親の離婚を、子供にもわかる比喩を使って表現し、幼年童話に新しい境地を開いた。そのほか、“オバケちゃん”シリーズ(1971年~・講談社)などユーモアのある幼年童話や『いないいないばあ』にはじまる“あかちゃんの本”シリーズ(1967年~・童心社)、“あかちゃんのわらべうた”シリーズ(1977年~・偕成社)など、やわらかな語り口が魅力の赤ちゃん絵本を多数執筆。
一方、社会問題に取り組んだ、直樹とゆう子の物語5部作『ふたりのイーダ』(1969年・講談社)・『死の国からのバトン』(1976年・偕成社)・『私のアンネ=フランク』(1980年・偕成社)・『屋根裏部屋の秘密』(1988年・偕成社)・『あの世からの火』(1993年・偕成社)を四半世紀にかけてうみだした。
エッセイや小説、詩集など、その活躍は幅広く、1987年に出版された『わたしのいもうと』(偕成社)は、いじめ問題で最近ふたたび注目を集め、学校の授業などで取り扱われている。

著者プロフィールの出典元
つつじのむすめ

つつじのむすめ

松谷 みよ子あかね書房

毎晩むすめは山をこえ、若者のもとへと走る。その手には、ひとにぎりの米が…おとめのひたむきな心を歌いあげる!

6歳 7歳以上

続きを読む

おひさまどうしたの

おひさまどうしたの

松谷 みよ子あかね書房

きこちゃんがめをさますと空がまっくら! 悪いねこがおひさまを病気にしたらしい! きこちゃんは空のねこたいじにいきます。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ばけくらべ

ばけくらべ

松谷 みよ子福音館書店

昔きつねとたぬきはどちらも化けるのが得意だったので、化けくらべをすることになりました。たぬきは仲間を集めて花嫁行列に化けましたが、お宮の...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

きつねのよめいり

きつねのよめいり

松谷 みよ子福音館書店

ある雨の日、おじいさんは山で死にそうになっているこぎつねを助け、なかよく暮らすようになりました。やがて美しい娘ぎつねになりましたが、ある...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

かさじぞう

かさじぞう

松谷 みよ子童心社

昔々、山村に笠作りの商いをするおじいさんとおばあさんがいました。二人の間には六人の子どもがいましたが、小さいうちにあの世に旅立ってしまっ...

3歳 4歳 5歳 冬

続きを読む

もしもしおでんわ

もしもしおでんわ

松谷 みよ子童心社

じりりーんじりりーん、鳴っているのはなんでしょう。そう、お電話です。モモちゃんは眠たい目を擦りながら受話器を取ります。「モモちゃんです ま...

あかちゃん 2歳

続きを読む

つるのおんがえし

つるのおんがえし

松谷 みよ子偕成社

「むかし、あるところに、じいさまとばあさまがすんでいました」貧しい暮らしであったのですが、二人は仲良く暮らしていたという。ある冬の日、お...

5歳 6歳 7歳以上 冬

続きを読む

いないいないばあ

いないいないばあ

松谷 みよ子童心社

昔からある「いないいないばあ遊び」が題材となったこちらの絵本は、発売から50年もの間、日本で一番売れている絵本です。「いないいなばあ、にゃ...

あかちゃん 2歳

続きを読む

もうねんね

もうねんね

松谷 みよ子童心社

犬が気持ちよさそうに寝ている姿が表紙のこちらの絵本は、寝る前の読み聞かせにピッタリの1冊です。「眠たいよう おやすみなさい」と犬がぐっすり...

あかちゃん 2歳 3歳

続きを読む

いいおかお

いいおかお

松谷 みよ子童心社

ふうちゃんが一人で「いいおかお」をしています。すると、ふうちゃんの「いいおかお」を見るために一匹の黒猫がやってきます。黒猫はふうちゃんの...

あかちゃん 2歳

続きを読む