松村 由利子まつむら ゆりこ

この著者の絵本一覧

毎日新聞社で科学環境部、生活家庭部などの記者として20年働き、退社後は文筆活動に専念している。著書に『子育てをうたう』(福音館書店)、『短歌を詠む科学者たち』(春秋社)、『少年少女のための文学全集があったころ』(人文書院)、歌集に『光のアラベスク』(砂子屋書房)など、絵本に『夜空をみあげよう』(ジョン・シェリー絵/福音館書店)、訳書に『風の島へようこそ―くりかえしつかえるエネルギー』『みどりの町をつくろう―災害をのりこえて未来をめざす』(アラン・ドラモンド作/福音館書店)など。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

はじまりは たき火

はじまりは たき火

まつむら ゆりこ福音館書店

人間は大昔から火を頼ってくらしてきました。火は暗い夜を明るく、寒い冬を暖かくしてくれます。食べ物を煮炊きし、土の器や金属の道具などを作る...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

みどりの町をつくろう

みどりの町をつくろう

アラン・ドラモンド福音館書店

アメリカのカンザス州にある小さな町、グリーンズバーグは、ある日、巨大なたつまきにおそわれました。ほとんどの建物がこわされ、町はがれきでう...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

夜空をみあげよう

夜空をみあげよう

松村 由利子福音館書店

夕暮れ時、いちばん星をみつけたはるか。 夜空をみあげていると、いろいろなことに気づきます。星にも色があること、双眼鏡で三日月をのぞくと、ぼ...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

風の島へようこそ

風の島へようこそ

アラン・ドラモンド福音館書店

デンマークのサムス島で、島でつかうエネルギーを、すべて自分たちでつくりだす計画がはじまりました。目指すは自然エネルギーによる100%自給。本...

7歳以上

続きを読む