川崎 洋かわさき ひろし

この著者の絵本一覧

詩人・放送作家。東京の生まれ。詩誌への投稿のかたわら昭和28年(1953)茨木のり子らと「櫂(かい)」を創刊。昭和32年(1957)から文筆活動に入る。詩やラジオドラマの執筆のほか、方言の収集にも注力した。詩集「はくちよう」「ビスケットの空カン」、絵本「それからのおにがしま」、随筆「かがやく日本語の悪態」など。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「ぼうしをかぶったオニの子」の表紙

ぼうしをかぶったオニの子

川崎 洋あかね書房

オニの子は、つのをぼうしで隠した男の子。ワニのおじいさんに「宝物の地図」をもらったオニの子は美しい夕焼けを見て「これが宝物だ」と思います...

6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「それからのおにがしま」の表紙

それからのおにがしま

川崎 洋岩崎書店

鬼ヶ島の鬼達は、桃太郎に退治されてからというものすっかり大人しくなりました。桃太郎が去った後、島には傷を手当てする小屋が建ちます。桃太郎...

3歳 4歳 5歳

続きを読む