姉崎 一馬あねざき かずま

この著者の絵本一覧

1948年、東京に生まれる。学生時代より自然保護、環境問題に関心を持ち、自然写真家となる。1995年から山形県の朝日連峰山麓で、ボランティアによる子どものための自然体験の場「わらだやしき自然教室」をはじめる。主な著書に、絵本『はるにれ』『雑木林』『ブナの森』『ヤマケイポケットガイド―野山の樹木』『姉崎一馬の新自然教室』『日本の森大百科』などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「はっぱじゃないよ ぼくがいる」の表紙

はっぱじゃないよ ぼくがいる

姉崎 一馬アリス館

森の中でのさまざまな発見を、ユーモラスな展開で見せる絵本。葉っぱにあいた穴を人の顔に見立て、楽しい言葉とともに紹介します。

4歳 5歳 6歳

続きを読む

ふたごのき

ふたごのき

谷川 俊太郎偕成社

丘の上でよりそって立つ2本の木。その姿に詩人の言葉が共鳴して生まれた写真絵本。木たちの会話が幸せのありかを教えてくれる。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「はるにれ」の表紙

はるにれ

姉崎 一馬福音館書店

草原に一本だけ立つはるにれの大木。朝の光をあびて青空にそびえ、暮れなずむ夕映えの空にシルエットを浮かびあがらすはるにれ。冬の吹雪に耐え、...

4歳 5歳 6歳

続きを読む