絵本のまとめ記事

戦争や平和を語り継ぐ。終戦記念日に読み聞かせたいおすすめ絵本10選

戦争と平和の絵本

こんにちは、ピクトブック編集部です。

幼い頃に、おじいちゃんおばあちゃんから戦争の話を聞いた人もいるのではないでしょうか。
とても身近な戦争体験の記憶に触れることで、戦争への恐怖を鮮明に感じとったことでしょう。

戦争でつらい思いをするのは、子どもであり、お年寄りであり、病気や障害をかかえた生活弱者のみならずほとんどすべての人々です。
戦時下、先の見えない状況で、人々はどのように想い、日々を暮らしたことでしょう。

戦争は一度始まってしまうと簡単に止めることが出来ません。
子どもたちが思い描いていた夢も希望も、生きる権利さえも戦争は奪います。

なぜ戦争はなくならないのでしょう。
世界中のみんなが、戦争が良くないものだとわかっているはずなのに。
「お友だちとケンカしちゃいけないっておとなは言うのに、なんで国と国とは戦争するの?」
と子どもに聞かれたとき、どう答えたらよいか悩んでしまいますよね。

戦争の語り部も高齢化し、つぎつぎと現役をしりぞかれています。
子どもに説明したくても、自分の知識だけでは心もとないし、上手に伝えられるかわからない。
そんなときに、絵本の力を借りてみてはいかがでしょうか。決して押しつけではない平和への祈りが、静かに心にしみてきます。

戦争や平和がどういうものか、絵本は優しく教えてくれます。そのメッセージは、世代を問わず全ての人々の心に響くでしょう。

日本の「戦後」は、まだ続いています。
平和で安全な世界を、子どもたちに残してあげたい。どうか、このまま永久に「戦後」でありますように。

今日は戦争や平和をテーマにした絵本を10冊ご紹介させていただきます。終戦記念日(8月15日)にぜひお子さんに読み聞かせてあげてください。

平和や戦争がテーマのおすすめ絵本

原爆の悲惨さを全ての子どもたちに伝える、作者からの遺言。

母から子へ、静かな祈りが心に響く。お母さんの平和への祈りが詰まった絵本。

井上先生が憲法を通じて子どもたちに伝えたいこと。

戦争とは何かを静かに語りかける、戦争と平和、命の重みについて親子で考える絵本。

自分で選んだ人生を生きられる、それが平和。日・中・韓の絵本作家が綴る平和絵本。

生き証人が語る、東京大空襲のお話。悲劇がひしひしと伝わる実際の戦争体験をもとにした絵本。

戦争の理不尽さと悲しみが心に残る、動物園のゾウの本当にあった悲しいお話。

人間の価値は戦争が決めるの?脳性麻痺の少女もも子の視点で描かれた絵本。

お国のために桜のように散ることが正しいことなの?日・中・韓の絵本作家が綴る平和絵本。

なぜ私たちはあのごっこ遊びに惹かれたのでしょうか。あの恐い出来事が夢でよかったと思える、斬新な切り口で真理を突いた絵本。