絵本のまとめ記事

食べることが楽しくなる!食育におすすめの人気絵本10選

食育絵本

こんにちは。ピクトブック編集部です。

突然ですが、あなたのお子さんは、食べることが好きですか?
「うちの子、本当に食いしん坊で・・・。」
「うちの子は、食べることに興味がないみたいで、食も細いんです。」
「うちの子は、ものすごく偏食で困っているんです。」
など、お子さんによって食への悩みは本当に様々で困ったものですよね。
でも、「食べる」ことは「生きる」こと、私たち人間が生きていくうえで、必要不可欠なものです。

さらには、好き嫌いをせず、バランスよく食事をすることで、成長期に心と身体を健やかに育んでいく土台を作ることができるそうです。
今注目されている「食育」ですが、「食育って、結局何なの?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
定義の広い「食育」ですが、小さいお子さんにはまず食べることの楽しさを、そして、少し大きくなったお子さんにはしっかり食事をすることで心と身体を健康にしていくことができること、もっと大きなお子さんには食べ物やそれを作ってくれる人へ感謝することや身体の中でどうやって栄養に代わっていくかなど学んでいってほしいものですね。

また、昨今は「個食」や「孤食」というように一人で食事をするお子さんも多いようですが、家族で食卓を囲み、みんなで食事をすることの楽しさをもう一度考えてみることも必要なのかもしれません。

そこで今回は、様々な年齢のお子さんにおすすめの食育がテーマの人気絵本10作品をご紹介させていただきます。
お子さんが気に入ってくれるのはどの絵本でしょうか?

食育におすすめの絵本

見ただけでお腹が鳴ってしまいそう!?ご飯を炊いておにぎりが出来上がるまでを丁寧に描いたお料理絵本。

手を包丁に見立てて野菜を切ってみよう!サラダ作りに挑戦するお料理絵本。

自分で食べるのって、難しいけどこんなに楽しい!お行儀絵本ではない、子どもの悪戦苦闘ぶりをあるがままに描いたユーモアたっぷりの絵本。

野菜たちのマラソン大会!?韻を踏んだような言葉遊びが楽しい愉快な絵本。

愉快な食べ物がいっぱい!「あ」から「ん」までのひらがなで食べ物の名前を楽しく覚える言葉絵本。

食べ物さんたちにだって、ちゃんと気持ちがあるのです。いやだいやだと言っていたら・・・大変なことに!

どうしていろんな「おなら」があるのだろう?何を食べたかや、どんな生活をしていたかなどが影響する「おなら」のことを楽しく伝える絵本。

お弁当を通して生命のつながりや食べ物への感謝の気持ちを感じられる食育絵本。

みんなが食べているお肉、どうやってできているのか知っていますか?生命をいただく大切さを描いた食育絵本。

食べ物が口から入って体の中で消化され、栄養となって、排泄されるまでのプロセスをわかりやすく楽しく描いたロングセラーの食育絵本。


食事が大切なのはわかりますが、なぜ大切なのか、その「なぜ」を絵本をきっかけに考えてみてはいかがでしょうか。その理由が少しでもわかってきたら、食事の大切さはもちろん、生きることについても考えるきっかけになるかもしれません。

たった一食の食事でもそこにはたくさんの人や生き物が関わっていて、そういったダイナミックな地球の営みのなかで私たちは生きているのだと実感できる、食育を通してそんなきっかけができると素敵なことですよね。

今回は、絵本からアプローチする食育について、「食べることが楽しくなる!食育におすすめの人気絵本10選」でした。