絵本のまとめ記事

エイプリルフールにぴったり!ウソがテーマのおすすめ絵本10選

うそがテーマのエープリルフールにぴったりな絵本

こんにちは。ピクトブック編集部です。

厳しい寒さを乗り越えたら、そろそろ桜の季節がやってきますね。そして、4月1日のとっても楽しいあの日もやってきます!

それはというと・・・、エイプリルフール!
ご存じの通り、エイプリルフールは年に一度の嘘をついても良い日、嘘をついても笑顔で笑って過ごせる日なのです。

エイプリルフールといえば楽しくて愉快な「嘘」ですが、今回は「嘘」にちなんだ絵本を紹介させていただきます。

嘘というとマイナスなイメージがあるかもしれませんが、優しさゆえの嘘や愉快な嘘、みんなをハッピーにするような嘘もあるのです。
そんないろんな嘘を絵本を通して楽しんでみられてはいかがでしょう。

嘘をつくとどんなに悲しいことになるのか、逆に嘘をつくことが必要なときもあること、同じ「嘘」でも状況によって、人を不幸にすることも幸せにすることもあることに気づいてくれるといいですね。

でも、嘘をついて誰かを傷つけてしまったら、正直に打ち明けて謝れることが一番大事なことですよね。

親子で「嘘」についていろいろと考えてみましょう。そして、楽しいエイプリルフールを過ごしてみましょう♪

ウソがテーマのおすすめ絵本

子どもが描く夢のようなお話が盛りだくさん!嘘なんだけど嘘であってほしくない、子どもならではの発想がユーモラスな絵本。

丸太小屋のマルタさんはいつも作り話の嘘ばかり。でも、マルタさんは本当に嘘つきなのでしょうか?

王様がニワトリを小屋から放ってしまいお城中は大騒ぎ!おしゃべりな卵焼きとは?

人を悲しませるのが「嘘」。でも、「嘘」は人を喜ばせることもあるのです。様々な「嘘」を描いた哲学絵本。

素直が一番!小さなうそに悩む子どもを温かく見つめる絵本。

ちょっとした嘘が思わぬ展開を巻き起こし、なかなか引き下がれなくなってしまうというお話。

コップを割ってしまったねずみくんは大慌て!そうだ!誰かのせいにしてしまおう!

嘘をつくと大変なことになっちゃいます!悪気がなくても嘘をつくのはやめようね。

悪いことをしてしまったとき、誰かや何かのせいにしてしまうことありますよね。

えっ!こんな「うそうさぎ」まで登場するの!?自分のオリジナル「うそうさぎ」を考えたくなるような想像力を掻き立てる絵本。


エイプリルフールでは、とっても愉快な素敵な嘘が溢れますよね。ただ、ユーモアが空回りすると大変なことにもなっちゃいます。
エイプリルフールが悲しい一日にならないためにも、いったん立ち止まって嘘についていろんなことを親子で考えてみてはいかがでしょう。

ちなみに、エイプリルフールの起源は不明、諸説あるようで、エイプリルフールは正午までという説もあるようです。
諸説あれど、とっても愉快な一日であることに違いはないですよね。人を傷つけようと思ってエイプリルフールに嘘をつく人はなかなかいないはずですので寛容な心でぜひ愉快な一日を楽しみましょう!


おまけ:毎年楽しみ!エイプリルフールに企業が仕掛ける大規模なウソが面白い!