日本の昔話えほん

このシリーズの絵本一覧

現在の並び順:

絵本「ねずみのよめいり」の表紙

ねずみのよめいり

山下 明生あかね書房

かわいい1人娘にふさわしいのは誰? 今も昔も、親が子の幸せをを想う気持ちは同じ。ねずみ村の村長は、世界一りっぱなお婿さんを求めて、海へ山...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「いっすんぼうし」の表紙

いっすんぼうし

山下 明生あかね書房

伝承によって内容の異なる『一寸法師』には、計略で出世するタイプもありますが、山下明生版では、自らの力で正々堂々と幸せを得る物語。体の小さ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「かちかちやま」の表紙

かちかちやま

山下 明生あかね書房

殺されたおばあさんの仇討ちに、うさぎは知恵を働かせてたぬきを懲らしめます。力強い木版画で、おじいさんの悲しみ、たぬきの痛みなど、登場人物...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「つるのおんがえし」の表紙

つるのおんがえし

山下 明生あかね書房

原型は中国の唐の時代から語りつがれてきた昔話を、児童文学者の山下明生が再話。鶴を助けた男とその母親の家に女が訪れ、幸せを得るものの、約束...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「したきりすずめ」の表紙

したきりすずめ

山下 明生あかね書房

大きいつづらと、小さいつづら、かわいい子すずめのお土産はどちらを選ぶのが正解か…… 日本五大昔話のひとつ『したきりすずめ』は鎌倉時代初期に...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「うらしまたろう」の表紙

うらしまたろう

山下 明生あかね書房

浦島太郎は船で現れた乙姫に誘われて竜宮へ。楽しい日々に、時を忘れていく浦島が、四季をめぐる部屋を目にし……。「古事記」の時代から語りつがれ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「はなさかじいさん」の表紙

はなさかじいさん

山下 明生あかね書房

心優しく正直なじいさんと、身勝手で図々しい隣のじいさん。現代の今だからこそ善悪の本質について深く考えさせられるテーマの昔話。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「さるかにがっせん」の表紙

さるかにがっせん

山下 明生あかね書房

花見で拾ったおむすびを、さるが拾った柿の種と交換したかには、その種ををうえて一生懸命育てます。仲間の力も借りて育てた柿は、ぐんぐん育ち、...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「ももたろう」の表紙

ももたろう

山下 明生あかね書房

おじいさんは、山へしばかりに。おばあさんは、川へせんたくに。……誰もが知っている「ももたろう」は、賢く、勇敢で、力持ち。村人を困らせている...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「かさじぞう」の表紙

かさじぞう

山下 明生あかね書房

お正月をむかえるため、かさを売りに出かけたおじいさん。しかし、大みそかにかさは売れません。その帰り道、おじいさんが六地蔵の前を通り過ぎる...

3歳 4歳 5歳 冬

続きを読む