絵本

ずーっとずっとだいすきだよ

「大好き」と言葉に出して気持ちを伝えることの大切さを描いたお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

犬のエルフィーと「ぼく」は、一緒に成長していきます。でも、エルフィーのほうが早く大きなっていくのです。

お兄さんと妹もエルフィーのことが大好きでしたが、エルフィーと一番仲良しなのは「ぼく」でした。

エルフィーが悪さをしたとき、家族はすごく怒ってしまいます。でも、大好きなエルフィーに「好き」ということはありませんでした。家族のみんなは、「好き」と言わなくてもエルフィーはわかっていると思っていたのです。

「ぼく」が大きくなるにつれて、エルフィーはぶくぶくと太っていきます。そして、年をとったエルフィーは寝ていることが多くなり、散歩に行くのを嫌がるようになります。

エルフィーのそんな様子が心配になり、獣医さんのところに連れて行って診てもらうことにしました。でも、エルフィーは年をとってしまっただけで獣医さんにできることは何もありませんでした。

「ぼく」は寝る前にエルフィーに必ず「大好きだよ」と伝えます。ところが、ある日の朝、「ぼく」とエルフィーにお別れがやってきます。エルフィーは年をとって死んでしまったのです。

家族みんなは、大好きだったエルフィーを庭に埋めると肩を抱きながら泣きました。でも、「ぼく」はみんなに比べればいくらか楽な気持ちでした。エルフィーの死に直面したとき、「ぼく」にひとつの慰めがあったのはなぜでしょうか。

この絵本は、言葉に出して気持ちを伝えることの大切さを描いたお話です。大好きな家族や友達に素直な気持ちを伝えることができたなら、なんと素晴らしいことでしょうね。

出版社からの内容紹介

ぼくはエルフィーをわすれない。世界一すてきな犬だったんだ。エルフィーとぼくは、いっしょに大きくなった。ぼくの背がのびるにつれ、エルフィーはだんだん年をとり、そしてある朝、死んでいた。深い悲しみの中でも、ぼくには、ひとつ、なぐさめがあった。それは…。

出版社「評論社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。