絵本

ぞうくんのさんぽ

動物たちの組体操!?動物たちのユーモラスなやりとりが愉快な散歩のお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

物語絵本がはじめてのお子さんにおすすめの一冊!

最初に好きになる動物はおそらく、ぞうさんという子も多いのではないでしょうか。
そんなぞうさんが主人公、人気の「ぞうくんのさんぽ」シリーズ第1弾です。

「今日はいい天気。さっそく散歩に出かけよう!」
ぞうくんはお散歩が大好き!今日もお散歩に出発します。

お散歩の途中でかばくんにバッタリ会います。
「かばくんも散歩にでかけよう!」
「背中に乗せてくれるならいいよ!」
そう言ってかばくんはぞうくんの大きな背中にぴょーんと飛び乗る。
力持ちのぞうくんにとって、かばくん1人ならへっちゃら!
さーて散歩の再開だ。

今度はわにくんにバッタリ!
「わにくんも散歩にでかけよう!」
「背中に乗せてくれるならいいよ!」
わにくんは、ぞうくんの上に乗っているかばくんの背中にぴょーんと飛び乗る。
どんどん重たくなってきたぞ。でもまだ平気・・。

今度はかめくんにバッタリ!
「かめくんも散歩にでかけよう!」
「背中に乗せてくれるならいいよ!」
かめくんは、ぞうくんの上のかばくんのさらに上のわにくんの背中にぴょーんと飛び乗る。むむむ・・・。重たい・・。
と思った矢先、うわー!!ぞうくんが転んでしまいます。
いったいみんなはどうなってしまうの?

この絵本は、1歳のお子さまでもわかりやすい物語なので、物語絵本初心者の親子におすすめです!
お子さまとハラハラしながら楽しんで読んでみてくださいね。

出版社からの内容紹介

ぞうくんはさんぽに出かけました。かばくんに出会って、さんぽに誘うとかばくんはぞうくんの背中に乗りました。わにくんに出会って、さんぽに誘うと、わにくんはかばくんの背中に乗りました。最後にかめくんに出会って、かめくんがわにくんの背中に乗ると、ぞうくんが重さにたえられなくて、池にみんな落っこちてしまいました。単純にデザインされた動物たちのユーモラスなやりとりが、愉快な散歩に子どもたちを連れていってくれます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。