絵本

ぞうのたまごのたまごやき

王様の赤ちゃんが生まれると、国を挙げての祝祭を開くことに。ところが、王様が命じたのは象の卵を用意すること!?

この絵本の内容紹介あらすじ

ある国のある王様は、他のどんな食べ物よりも卵焼きが好きでした。朝も昼も夜も、毎日卵焼きを食べるほどです。

ある日、王様の赤ちゃんが生まれると、国中の人達を城に集めて祝祭を開くことになりました。王様は三人の大臣を呼んで、祝祭の準備をするように命じます。

「ごちそうは、たまごやきにきまってるさ。あつまった人たちみんなに、たまごやきをごちそうすんだ。」

王様はそう言いますが、国中の人達全員に卵焼きを振る舞うのは困難なこと。卵が何百個も何千個も必要なのです。三人の大臣は、卵が足りないことを説明し、他のご馳走を振る舞うのはどうかと提案しました。

ところが、わがままで威張った王様は聞く耳を持ちません。ご馳走が卵焼きでなければ祝祭は開かないと怒ってしまい、突拍子もないことを言いました。

「じゃあ、ぞうのたまごをもってくればいいではないか。ぞうのたまごなら、大きいからいいよ。大きなフライパンをつくって、一どにやくんだ。」

ワン大臣、ツウ大臣、ホウ大臣、この三人の大臣は、その王様の言葉にすっかり納得し、手分けして準備をすることにしました。

ワン大臣の役割は象の卵を見つけてくること。さっそく家来を集めると、8台のトラックを用意して出発しました。ワン大臣を乗せたトラックを先頭に、他の7台のトラックが続き、さらには歩兵が続き、大行列で象の捜索へと向かいます。

一方、ツウ大臣の役割は大きなフライパンをつくることで、ホウ大臣の役割は大きなかまどを作ること。二人の大臣は、職人に命令して目的の物を作らせ、焚き木と炭と石炭を運び込みました。これで残すは、ワン大臣が象の卵を持ってくるのみ。

ワン大臣一行は、野原を抜けたり、川を渡ったり、長い道のりを行進し、ようやく象の生息地に辿り着きました。兵隊達は、草を掻き分け、木を登って、土を掘って、あたり一面を捜索します。

ところが、探せど探せど象の卵は見つかりません。兵隊達が見つけたのは、ヒヨコやダチョウやヘビの卵ばかり。さて、いくら探しても象の卵が見つからない理由とは・・・。

出版社からの内容紹介

たまごのすきな王さまのうちに赤ちゃんが生まれ、お祝いに国中の人にたまご焼きをごちそうすることになりましたが……。「おしゃべりなたまごやき」の姉妹編。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。