絵本

ざっそうの名前

出版社からの内容紹介あらすじ

おじいちゃんの家にあそびにいった太郎は、庭で、きれいな花をみつけます。「あれは、ヒメジョオンっていう花だよ」おじいちゃんが名前をおしえてくれたその花は、誰が種子をまいたわけでもないのに、いつのまにか生えてきた雑草の花でした。「どの草にも、みんな名前があるんだよ」おじいちゃんは、庭にはえている雑草の名前をひとつずつ教えてくれました。 草花の特徴を見事にとらえた、美しい刺繍でおとどけします。

絵本「ざっそうの名前」の一コマ

絵本「ざっそうの名前」の一コマ

出版社「福音館書店」より
5歳6歳7歳以上自然・科学福音館書店長尾 玲子
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。