絵本

ゆうぐれ

出版社からの内容紹介あらすじ

クリスマスを間近にひかえたある日、男の子とおじいさんが散歩にでかけます。
川辺で沈んでいく夕日を眺めているうちに、あたりはだんだん暗くなり、やがて街のイルミネーションが次々と輝きだしていきます。
あわただしく過ごしていると、気づかずに通りすぎてしまうような瞬間が、あざやかに描きだされます。
風景の美しさはもちろん、夕暮れ時のなんとなくさみしい気持ちや、クリスマスを控えた街の様子、イルミネーションにわくわくする気持ちが伝わってくる、珠玉の絵本。

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。