絵本

ゆきおくんの初恋

出版社からの内容紹介あらすじ

戦後70年企画
まさに、現代版「二十四の瞳」

舞台は戦後の沖縄。貧しくも懸命に生きる少年と、それを支える女性教員との、心温まる師弟愛の物語。

まん丸の目をして、まっくろい顔のゆきお君、今日も未知子先生を困らせてばかり……。
でも、そこには、とても悲しい理由が、あったのです。

~あらすじ~
未知子先生は小学校の先生。そのクラスに、ゆきお君がいました。花壇の花を抜いたり、先生の物を盗んで売ったりと、未知子先生を困らせてばかり。「なぜ悪さばかりするのだろう?」そう思った未知子先生が、ある日家庭訪問に行くと、年老いた祖父と祖母を看病する、ゆきお君の姿がそこにはありました。様々な苦労を重ねて、初恋や夢を抱き、大人へと成長してゆく少年と、その少年を愛情いっぱいに見守り育てる一人の先生の師弟愛とは。

出版社「WAVE出版」より
3歳4歳5歳日隈 みさきWAVE出版
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。