絵本

ゆきおんな

木こりのみの吉さんの奥さんは本当は雪女。雪国の怖くて悲しい物語です。

この絵本の内容紹介あらすじ

木こりの親子の茂作さんとみの吉さんは、いつも二人で山へ出かけ、木を切っていました。

ある冬のこと、いつものように山へ出かけた二人は、吹雪で山小屋へ避難します。
一晩、親子は山小屋で夜明かしすることにしました。

夜中のことです。息子のみの吉さんは寒さで目を覚まします。気づくと小屋の戸が開いています。
ふと横を向くと驚いたことに、白い着物の女性がいるではありませんか。その女性は冷たい息を茂作さんに吹きかけていました。恐怖で叫んで逃げたいみの吉さんでしたが、なぜか体が動きません。

その女性は、今度はみの吉さんの方へやってきます。
そして、しばらくじっとみの吉さんを見つめていました。やがて、その女性はみの吉さんにこう言うのです。
「私はあなたを横の人と同じように、眠らせようと思いました。でもあなたは若くて美しい。あなたを助けましょう。でもここで見たことを誰かに話したら命はありません。」
そう言うと女性は去っていき、翌日、親子は発見されますが、茂作さんは亡くなり、みの吉さんだけ助かりました。

しばらく元気がなかったみの吉さんですが、ある日美しい少女と出会います。二人は結婚し、子宝に恵まれます。実はこの少女こそが、あの吹雪の夜に出会った女性だったのです。

二人はどんな結末を迎えるのでしょうか。

雪女は「雪んば」「雪女郎」とも呼ばれる山の神の使いです。雪山の恐ろしさを人間たちに知らしめる存在として語り継がれています。雪山で遭難し、凍死した人を「雪女に魅入られた」と例えることもあり、山岳信仰として山への畏怖や敬意の念を表していました。雪女が美しい女性として語られるのは、春には溶けて消えてしまう雪の儚さを表現しています。

美しい挿絵で描かれる、悲しくも美しい雪国の物語です。

出版社からの内容紹介

寒く厳しい雪国に伝わる「雪女」は、“恐ろしい女”であると同時に、人間的な弱さを持った“あわれな女”でもありました。自分の禁じた話を語る愛する夫と、子どもたちへの深い愛を残して、去っていかなくてはならない悲しい宿命…。「怖さ」の中に、真実の愛の一端を教えてくれる名作です。

出版社「いずみ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。