絵本

ようこそうみへ

子ども達の愉快で楽しい夏の海のお話。海で遊ぶ子ども達に、どこからともなく呼びかける声の主とは?

この絵本の内容紹介あらすじ

海が見えると子ども達は大はしゃぎ。海を目指して浜辺を駆け降ります。

波で遊んだり、カニを見つたり、海で楽しく遊んでいると・・・、「ようこそ うみへ」。どこからともなく低い声が聞こえてきました。

周りを見渡しても、そこには誰もいません。空耳だったのでしょうか。

今度は、準備体操をしてから海を泳ぎ回って楽しみます。一生懸命に泳いでみたり、浮き輪に浮いてみたり、水を掛け合ってみたり、思い思いに海を満喫します。

それから今度は、みんなが履いているビーチサンダルを使って遊びます。ビーチサンダルを空に向かってばら撒き、同じ組み合わせの物を探すのです。

青いサンダルやピンクのサンダル、同じビーチサンダルを集める子ども達ですが、どうしても黄色いサンダルが見つかりません。

すると「こーこだよ」と、どこからともなく低い声が聞こえてきました。子ども達が空を見上げると、ニッコリ笑った白い雲。この声の正体は白い雲だったのです。

白い雲はビーチサンダルを返す代わりに一緒に遊んで欲しいと言うのですが、雲との遊びは一体どんなものなのでしょう。

出版社からの内容紹介

みんなで夏の海へ。楽しく遊んでいると、空の雲が「一緒に遊ぼう」だって。ええっ、遊べるの?

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。