絵本

やまださんちのてんきよほう

出版社からの内容紹介あらすじ

長谷川流「あそび心」が各所にちりばめられた、まさに抱腹絶倒ユーモア絵本!
やまださんちの一日を天気予報にして描いている絵本です。
文と絵の距離感の間合いが絶妙!その上、長谷川義史流「あそび心」が各所にちりばめられたまさに抱腹絶倒ユーモア絵本です。

まず、表紙をめくれば見返し部分に「天気にまつわるいろんな言い伝え」がひとコマ漫画のように!そして最後の見返し部分には、なんとその別バージョンが。あぁ、なんと贅沢な!
しかし、ここで驚いていてはまだ、はやい!サイドストーリー(こちらはおとうさんバージョン)が、ページ左下に展開していくのです。
う〜む、さすが、大阪生まれの長谷川さん、まさにこれは「ひと粒で2度おいしい!」と思いきや…、まだ、まだ!

では、ここで問題を。
その1.本編の中にも、やまださんち以外のストーリーが展開します。その主人公はだれでしょう?
その2.この絵本の中には、絵本館の絵本がもう1冊登場しています。そのページはどこ?

と、このように楽しさが「これでもか、これでもか」と、せまってくるスゴイ絵本なのです。
さぁ「この絵本の対象年齢は?」なんて、バカなことを言っているヒマなどありません!とにかくお楽しみください!笑顔になれます。元気になれます。(でも、あまりの面白さにおなかの皮がよじれちゃうかも)
「本当に絵本っていいなぁ!」の一冊です。

絵本「やまださんちのてんきよほう」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。