絵本

やぎのしずかのしんみりしたいちにち

出版社からの内容紹介あらすじ

しずかが草を食べていると、セミが落ちてきました。おどろいていると、アリがやってきてセミを運んでいきます。しずかがあとを追ってしげみに頭をつっこむと、そこには、きれいな玉になって朝露がかがやいていました。
「あなたたちは、こんなにきれいなのに、なぜだれにも気づかれないでキラキラしているの?」
「ねえ、セミは死んだら、もううたわないの?」
しずかがきいても、だれもこたえてくれません。
そのあと、今にも咲こうとしている花のつぼみを食べたことを友だちのバッタにからかわれたしずかは、気持ちがこみあげてきて、しみじみと泣いてしまいます。
泣きつかれて眠ったしずかの上を、やさしい風がふきわたっていきました。
目をさましたしずかのところに、友だちのバッタとガマガエルとコジュケイがやってきて、いっしょに〈げんきになるかも〉という歌をうたいます。

絵本「やぎのしずかのしんみりしたいちにち」の一コマ

絵本「やぎのしずかのしんみりしたいちにち」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。